どれにするのか迷ったら|自由自在に部屋作り|職人技のDIYで瞬く間にアレンジ

自由自在に部屋作り|職人技のDIYで瞬く間にアレンジ

どれにするのか迷ったら

明かり

部屋の大きさに合わせる

自宅の照明器具を交換するために、販売店に行って検討する人は多いのでしょうが、あまりにも種類が多過ぎて、一体どれを選んだら良いのか迷うことがあります。見た目が良いから、値段が手ごろだからという理由で決断してしまうと、販売店から持ち帰っても取り付けられない、使い勝手が良くない、などといったことになりかねません。そんな事態を避けるためには、照明器具について必要最低限のことだけでも知っておきたいものです。まずは自宅の部屋の大きさに合った照明器具にしておくのがコツで、販売店に置いている商品には何畳用かを記載しています。それを目安にしておくと、想像しているより暗い、無駄に明るいなどといったことを避けられます。

ライフスタイルを考える

自分や家族にとって便利な照明器具を選べるのが一番良いので、販売店に行ったら、ライフスタイルに合うかを考えてみましょう。例えば足の悪い人がいるなら、手を叩くことで点灯消灯ができる照明器具があるので、検討してみることをおすすめします。これならわざわざ立ち上がってスイッチのオンオフをしなくてすみますし、リモコンで操作できるものもあります。意外と照明器具の明るさに頓着しない人もいるのですが、相性が悪いと目が疲れてしまうため、販売店では必ず光の具合を見ておきたいです。施工しなくても取り付けられるなら問題ないのですが、工事が必要なら、照明器具を販売しているお店のスタッフさんに聞いておくのが必須になります。