工夫がとても簡単|自由自在に部屋作り|職人技のDIYで瞬く間にアレンジ

自由自在に部屋作り|職人技のDIYで瞬く間にアレンジ

工夫がとても簡単

家具のミニチュア

色選びが重要

家具選びにまず大切なことは、色を決めることです。特定の一、二色で揃えることで統一感が生まれ、落ち着いた雰囲気を出すことができます。中でも白をメインとした配色にすることが望まれます。白を基調とした家具選びは、初心者でも行いやすいというメリットがあります。白は圧迫感を与えず、実際以上に部屋の空間を広く感じさせる働きを持ちます。また、白い家具は光を反射させるという性質を持つので、明るい家造りを実現することができます。 また、配置によっても部屋の使い方を工夫できます。背の高いものや大きなものは、部屋の入り口から近い場所に置きます。小型のものを、入口から見て奥にセットします。この方法は、遠近法を利用したもので、部屋の広さや奥行きを出すことができます。

長持ちする加工方法

テーブルやタンスなど種類に応じて、使う素材もこだわりを持つことが重要です。タンスはできるだけ重量感のあるものが良いとされています。素材には、北欧玄原産のヒマラヤスギなどが使われています。テーブルや机にはヒビや割れ目が入りにくいアッシュが使われています。 加工方法にも特徴があります。表面の傷やはげ防止の目的で、特殊なニスが幾重にも塗装されています。ニスを重ね塗りすることで、家具の老朽化を防ぎ、年月が経過しても見た目が新品に近い状態を維持することができます。 最近では、家具はより最小化・コンパクト化している特徴があります。特に1人暮らしの消費者に人気があります。折り畳み式の机やイスは、仕事や書斎の場合のみ組み立てると、スペースを取らず便利です。また、台所ではレンジ台を置くことで、電化製品をコンパクトに収納できます。